わたし流バセドウ病

2003年の秋にバセドウ病と診断されて病気と一緒に歩んできた私、AQUAのページです
一時は薬ではもう無理だと言われ手術やアイソトープまで勧められた私ですが、ある日突然・・・・

甲状腺癌のお友達

入院していた中で彼女のことは一番の思い出かもしれません。私が入院してすぐギックリ腰で

入院してきました。年が近かったこともあってよく話したり、病室が替わってもお互い行き来して

ました。彼女の方がぎっくり腰だけの入院だったので退院の日取りもすぐ決まったのですが、この

際、悪いところないか、検査してみようかなって話を聞いていたときにふと彼女の喉をみると、私

のように腫れている・・・・。それを言うと彼女も気にしているとのこと。しかも最近食べたものを嚥

下するときに飲み込みにくいとのこと。

気軽な気持ちで受けたエコー検査が終わったころ私は一般病棟の内科の階へ移動になり、彼

女はなんと癌の階へと移動になりました。

翌日、すごく落ち込んだ様子で私の病室へやってきて、私がした検査のことをこと細かく聞くので

どうしてって尋ねると自分がこれからする検査と私がした検査が全然違うものらしく癌かもしれな

いと落ち込んでいました。

結局、彼女は甲状腺乳頭癌でした。

最初はすごく落ち込んでいたけど、癌の中でも比較的におとなしい癌のようで主治医といろいろ

話して摘出手術の決心がついたようです。

私が退院するときにお互いの連絡先を教えあって私は病院を後にしました。

心配だったのでちょこちょこメールもして近況の報告をしていたんだけど、結局彼女は入院してい

たあの病院ではなく、別の大学病院で摘出手術をしたそうです。

私ももしかしたら甲状腺を切ることになるかもしれないとか考えていたのでいろいろと彼女の話を

聞いて参考にさせてもらいました。今ではもう連絡することもないけれど元気でいることでしょう。

私のバセドウ病の歴史
TOP
診断される前の症状
救急病院へ 2003年秋〜 
検査後 即入院
入院生活と検査
クリーゼ発生??
救急病院の医師
甲状腺癌のお友達
退院直後
専門医の先生との出会い
病状安定 2004年〜
勝手に薬をやめた私
つらい時期
間質性肺炎を疑われた
良化も悪化もしない 
え、ある日突然 2006年〜
今のわたし 2007年〜
バセドウ病いろいろ
タバコは本当に悪い?
歩き方でわかる?
性格変わる?
私流バセドウ病まとめ
わたしについて
ABOUT ME
バセドウ病ブログ
バセドウ病 現在過去未来