わたし流バセドウ病

2003年の秋にバセドウ病と診断されて病気と一緒に歩んできた私、AQUAのページです
一時は薬ではもう無理だと言われ手術やアイソトープまで勧められた私ですが、ある日突然・・・・

退院直後

インデラルを処方してもらってなかったために外出先で怖い目にあったことがトラウマになってて

退院した直後は動悸がしたり、頻脈がでたりするととても怖かったです。

この時はインデラルはもちろん飲んでいましたが、効き目が悪くて脈が100をいつも越えていま

した。入院しているときもしばしばそういうことがあったので研修医にインデラルが効かない時は

二錠飲んだりしていいのかと質問したら、それは絶対にやめてくださいと言われました。

後で書きますが、インデラルは個人差はありますが一日に6錠(10mg)飲んでもかまわない薬だ

そうです。もちろん医師の診断の元でってことですが、このときの研修医が即座にニ錠はやめて

くださいと答えたのは、ちゃんと把握してちゃんとわかって私に言ったのか?適当に言ったのか。

なので退院後、夜に頻脈がでて止まらないときは入院していたその病院へ行くしかなく、しかし

、行っても「ホリゾン」という精神安定剤がでるだけでした。

この精神安定剤、入院していたときもインデラルが効かない時に飲んでくださいって言われて

いたけど、飲んで脈が落ち着いたことは一度もないです。

インデラルが効くはず→効かない→精神的なものだろう→精神安定剤、という雑な診断の

せいで苦労させられました。

しかも、退院後にその病院へ行って受付すると、いつも私のカルテが所定の場所から持ち出さ

れていて、係りの人が数人で探し回り長時間待たされました。不思議な現象です。

結局、退院した時にこの病院へ通院はとても嫌だったので甲状腺専門医のところへ紹介状

を書いてもらってそこを訪れてインデラルの効き目が悪いことを告げると

「インデラルというのは6時間くらいで切れる薬なんですよ、この薬は一日6錠までは飲んでもい

いのですが、効き目が良くないのなら朝2錠夜2錠にしてみましょう」

とおっしゃってました。インデラル10mgの場合のことです。

私が二錠飲んでもいいですかって入院時に聞いたときに絶対にやめてくださいと言われた根拠

って一体なんだろうって今更ながら思います。ちゃんと調べずに言ったのでしょうか。ちなみに私

は喘息もありませんよ。

この専門医の先生との出会いで私は今まで聞かされていたバセドウ病についての考えがガラリ

と変わりました。


私のバセドウ病の歴史
TOP
診断される前の症状
救急病院へ 2003年秋〜 
検査後 即入院
入院生活と検査
クリーゼ発生??
救急病院の医師
甲状腺癌のお友達
退院直後
専門医の先生との出会い
病状安定 2004年〜
勝手に薬をやめた私
つらい時期
間質性肺炎を疑われた
良化も悪化もしない 
え、ある日突然 2006年〜
今のわたし 2007年〜
バセドウ病いろいろ
タバコは本当に悪い?
歩き方でわかる?
性格変わる?
私流バセドウ病まとめ
わたしについて
ABOUT ME
バセドウ病ブログ
バセドウ病 現在過去未来